Esmose

コラムを読む

スピリチュアルの本質

スピリチュアルの本質38 追加、改善修正、削除

スピ能力を使い何かの結果を導く。
導いた後に必ず
追加
改善修正
削除

の3つを確認する。

この3つの確認を入れることで答えが明確になる。

「追加」

「追加」はまだ出し切れていない何かがあるか。
あるとしたら何個あるか?ということを問う。

能力者の主観によって「十分だ」と判断することを避けさせ
必要な情報を全て出し切ることができる。

「改善修正」

「改善修正」は既に出たものに対して
文言や意味が違うところを別の単語や構成に変える必要があるかどうか
ということを確認する。

出したものが「意味の読み取り上」適切であるとは限らない。
正確に意味を把握し、確実な理解にするために改善修正ポイントを探る。

「削除」

「削除」は、出した結果の中から不要なものを省く。
特に能力者の主観や変換で入ってしまったものは
この確認をすることで確実に省ける。

余計な物事は排除する必要がある。
でなければ意味のないムダな物事で運ぶことになる。

スピ能力を使う前から、この3つの質問で内容を特定する前提を持つ。

この質問をするということは
背景に「自分は間違いの答えを出しているかもしれない」という前提がある。
この前提は正しい。

自分の知覚、自分の主観、自分の能力で
いつも必ず正しい答えを導けるとは言えない。
より正確で確実にするためには
正確さを追求する質問によって軌道修正しなければならない。

これはスピ能力に限ったことではなkう
誰もがどの分野でも行うべきことだ。

トップに戻るボタン