Esmose

コラムを読む

センスと素質

センス6つの基本 3と4 ピックアップと統合〜可能性の最高術03


さて、センスの基本。続き。

③ピックアップする力

その状況や場面、必要性に最も適した資質(または方法)を抜き出す力。
「組み合わせる力」と違い、何かひとつだけ適切な資質を使う。
「組み合わせる力」よりもシンプルで、プロセスが少ないので
効率よく物事を結果に導くために必要なセンス。

例えば、おみくじリーディング。
例えば体の状態を見て、幾通りもの「適切な」治療方法の中から
その人に最も適切で早く、確実に治療できる治療法を採用する力。

④統合する力(結びつける力)

「組み合わせる力」とは違い、色の違う粘度を混ぜるように統合するセンス。
「分ける力」とも違い、混ぜこぜにしてしまう。

例えば家族の中で思春期にある誰かが人を傷つけるなどの問題を起こしたとき、
その家族ができることをやろう(組み合わせ)、それぞれ個人の責任(分ける)
その解決のためにはこの方法が有効(ピックアップ)というセンスでは上手く行かない場合
「これは家族の問題だから一致団結して全員でことに当たる」とする。

結果に対して優しさ資質も影響を与える場合がある。

統合した方がセンスが発揮できる場合・・・可能性が広がり、物事がうまく行く場合、
物事を混同し、抱き合わせ、分離せずにいっしょくたにしてしまうセンスのこと。

センスにもいろいろとありますな。

僕は一度まとめたものを読み返さない上によく忘れるから、
これを今ふたたび読んで「ほほぉー」 と感心しておる。

確かにそういう種類あるよな。
そして、物事を目の前にして「今どれを採用するか」を選ぶのもセンスだなぁ・・・
と思うのであった。

って感想文か!

明日は「バランスする力」 「捨てる力」 です。

トップに戻るボタン