Esmose

コラムを読む

営業とマーケティングの違い

マーケティングだと思われている営業活動


私は長い間、実地ではインターネットマーケティングと呼ばれる分野に関わってきた。その道の専門家ではないが、応用できるくらいの知識や経験はある。
この世界でよく「上にあるものほどクリックしやすい」「申込フォームまでの導線を整える必要がある」 などと言われることがある。

こういうことを総合したものがインターネット「マーケティング」だとされている。
ところがこれらは全て営業活動である。

どうも多くの人は「お客の心理を読めばマーケティング」 だとか、マーケティングの教科書に書いているように「ニーズとウォンツ」 を汲み取ればマーケティングだと考えている傾向がある。
看板の位置や大きさや、その看板の文章を効果的に配置することもマーケティングだと思われているし、店舗を展開するなら立地条件を整えることもマーケティングだと思われている。サンドイッチを売るときに「手作りサンドイッチ」「新鮮素材のサンドイッチ」 などとネーミングすることもマーケティングだと思われている。
これらも全て営業活動 である。なぜか?

その行為の意味を決めるのは、「営業の課題に対する答え」か、「マーケティングの課題に対する答え」かを見ればいい。
営業の課題は「利用してもらうためにはどうすればいいか」で、
マーケティングの課題は「お客の声に応えるためにはどうすればいいか」だ。

インターネットで「クリックしてほしいものを上に持ってくる」 ことや「契約してほしいから導線を整える」 ことは全て営業の課題への答えであって、そこにマーケティングの課題となる「お客の声」 は存在しない。

看板を見やすく目につきやすいところに配置すること、サンドイッチに興味を引く名前をつけることも、結局は利用してもらいたいための工夫であって、お客がそう望んだからその要望に応えた、というのではない。
「利用してもらうためにはどうすればいいか」に対しての工夫(例えば見せ方、興味の引き方、アプローチの方法など) は全て営業活動である。マーケティングではない。

トップに戻るボタン