Esmose

コラムを読む

辞書

世界をあることにする(せかいをあることにする)

その世界をあることにする、というのは、情報を得ることでも、経験することでもいいし、イメージできるようになることでもいい。何ら頭の方法でアクセスしたり、触れたり、聞いたり、味わったりして、自分の中にこれまでなかったその世界がこれからはある、という状態を作る。