自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

コラムを読む

辞書

五感(ごかん)


生物が単細胞生物だった頃の受容器官・・・外の世界から栄養を自分に取り込むために栄養か毒かを判別するために備わっていたレセプターが、複雑な生命になるにしたがって外界の判断をより複雑、緻密に行うために発達したものが、順番に感情、嗅覚、味覚、触覚、聴覚、視覚になる。