Esmose

コラムを読む

強く生きる自分を作る

付き合う人を正しく選ぶ


大人の中にも、親がいないことを白い目で見る人がいます。
親がいても縁が切れていると何かと不自由です。

結婚式ができないとか、
マンションを借りるときに保証人がいないとか、

そういう、いろいろな問題が出てきます。


でも、いくら不便でも、
いくら腹が立っても、
そういう人と、同じレベルで物を考える人は負けです。

そういう人は、
東大卒だから偉いとか、
ソニーに勤めているから偉いとか、
アメリカの大学に留学したから偉いとか、

そういうふうに、

表面上で人を判断します。

それは、

僕や、これを読んでいるみんなが、最もされたくない、人の見方です。

だから、自分達がやってはいけないんです。


虐待を受けたり、孤児の子に有利なのは、
「バカな大人」はどんなか、
ということを知っているということです。

僕たちは、付き合う人の中身が、
「バカな大人」かどうかを、見分けることができます。
汚い心の持ち主や、人の気持ちを考えない人が
自動的にわかってしまいます。
「心のキレイな人」も自動的にわかるんです。

「そんなことない」という子は、気がついていないだけです。

それがわかった上で、
自分に必要な、大切な「付き合うべき人」を
自分で選ぶんです。

みんなと仲良くする必要は最初からありません。
誰とでも仲良くできる人は、世の中にいません。

大人でも、多くの人は
なんとなく周りの人と付き合っているんです。

職場が同じだからとか、
友達に紹介してもらったからとか、

なんとなくで選んでいるんです。

それは、悪いことではないけども
「バカな大人」と「心のキレイな人」を見分ける目がある僕たちは、
付き合う人を選んで、もっと良い人生を自分で作ることができる、

もっとも近い場所にいる

んです。
有利です。

このことに気がついたら、
付き合う人の中身が大切になってきます。
自分の中身も大切になってきます。

こうして、大切なものは何かを知ることができたら、
ヤバイくらいに幸せになれるんです。

トップに戻るボタン