自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

内省(ないせい)


自分の中の軸の部分を見返して、考えて、感じて、判断することです。状況や状態によって少しずつ変化するものなので、1番が何かが変わることはよくあります。ということは、内省し続けなければ1番を1番に選ばなくなってしまうということになります。