Esmose

コラムを読む

センスと素質

可能性の最高術01

目指せ静岡市!を合い言葉に・・・と思ったら、いろいろと勘違いがあり却下。。。
のっけから、忘れてください、独り言。一茶

その過程で見つけたこれ、すごいよ。
日本一の一覧 byウィキペディア

めっさ日本一だらけ。日本一大福を店舗数食べているオトコとして記録してほしい・・・。

ま、そんなわけで本日からセンスと素質のコース、
その内容をコラムというかメモ書きの写しとして公開します。

資質の中ではセンスと素質なんだけど
商品にしたときにぱっとしないので・・・・
可能性の最高術(仮)と名付けました。
ネーミング苦手なもので・・・

コース自体は9月頃をメドに大杉日香理さんが講師としてスタートしてくれますが
それ以前に内容を先取り公開です。

そうしておけば、みなさんからのフィードバックももらえるし
大杉さんもきっと確認しながらふむふむと造形を深めてくれることでしょう。
なんかミーティングでいちから百まで伝えるのしんどいんだよね・・・

メモ書きなので詳しい説明がないことと、
公開したものに気が向いたら注釈を、
気が向かなかったら完全なコピペで終わる記事を、
それぞれ書いていきます。
一応今晩から毎晩やる予定ね。

んなわけで、本日はコース初日の一番最初のところから。

■全体の説明
・センスも素質も自分の可能性を広げる武器(遺伝子でいうと書き換えの可能性を含む)
センスは可能性の幅を広げ、素質は可能性を伸ばし強度を強める
・3日間を通じて「人の可能性を促進させる技」を学ぶ

■センスの説明
センスは5つの資質を駆使して、
資質だけでは生み出せなかった新しい可能性を引き出し
自分と可能性の幅を広げるための資質のこと。

■センスのフィードバック(ワーク形式)
ワーク1
「新しいことにチャレンジしたこと。そしてうまく行ったこと」
「自分の可能性をその当時の自分自身以上に引き出したこと」
をそれぞれ書き出す。

ま、こんなところで。

今日は余裕があるので注釈。

センスの基本は、資質から選び出し組み合わせる力なんだよね。
せっかくいいものを持っていても組み合わせを間違えると上手く行かない。

この組み合わせをうまくできるのが「センスがある」
うまくできないのが「センスがない」ということなわけです。

てことは・・・
組み合わせ次第では自分が今持っている強みや成果を
やすやすと超えた自分を発揮できるということなんだよな。

なんとなくわかります?

組み合わせは無限だから、広域に及ぶという意味で
センスは可能性を広げるというイメージです。
に対して、素質は可能性を伸ばし高めるというイメージ。(これはまた後日説明)

広げ方の組み合わせや、うまいやり方を伝えていくのが
このコースの一番の主旨になるわけですよ。

ちなみに数えてみたら、43のパーツにわかれていました。
を、今日からこのブログで順番に書いていきます。

ま、ひとつ

トップに戻るボタン