Esmose

コラムを読む

幸せ系の仕事術

場を選ぶ努力~幸せ系の仕事術41


幸せオーラで積極的受け身することで、
人から声をかけてもらえる自分を作る方法を書いてきました。
仕事をするという意味では、これは本当に理想的で素晴らしい方法なのです。

けれども、おそらくその方法では時間がかかるだろうし、
本当にそんなに声をかけてもらえるものだろうか?
と思った人もいるのではないでしょうか?

幸せ系の人が仕事を探すとき、
最も大切なことは自分らしくない仕事や人間関係を選ばないことです。

だから幸せ系の仕事探しは、ただ自分らしくあることに注目するだけなのだけで、
特に何かを能動的に行う必要がありません。
むしろ自分を失わないように注意することです。

ですが、唯一のと言っていい努力があります。
それが「場を選ぶ努力」です。

幸せ系の人は、仕事でも仕事ではなくても「自分を存在させる場所」を間違ってしまうと、
自分らしい幸せが失われたり、奪われたりすることで
上手くいかなくなってしまいます。

「場」というのは関わり合いのある人という意味です。
関わりのある人同士がひとつの「場」を作るからです。

場を選ぶ努力をするとき、
最初に注目するのはキーパーソンをよく見ておくことです。
自分の幸せ系を、自分らしさを誰と一緒に物事を進めるときに発揮できるか?
という相手のことです。

キーパーソンが自分の幸せオーラを評価してくれ、
ちゃんと見てくれていると幸せ系タイプは上手く生かされます
(これは家庭でも同じことが言えるかもしれません)。

これから仕事を探すのなら、求人誌を頼るのではなく
インターネットでホームページやブログをたくさん見ることです。

その中から会ってみたい人、アプローチしたい人を探します。
交流会やセミナーがあれば参加してみてもいいかもしれないし、
興味を持った人が本を出しているのなら読んでみてもいいかもしれません。

最初はこちらから積極的にやっておくという積極的受け身を、
この場所は適切だろうな」というところに発揮するのです。

どこでもいいから数を打って当たるのを待つ、というのはいい方法とはいえません。

自分で何か小規模事業やビジネスをやろうと考えている人も同じです。

たとえば、自宅サロンをやろうと考えている人は、
最初から誰かと何かをやるわけではないと思います。
それでもお客さんには来てもらう必要があります。

お客さんならだれでもいい・・・・・というなら、地元紙に広告を打てばいいのだけども、
それでは自分の幸せオーラに合う人も合わない人も来ることになってしまいます。

「イヤなこともあるのが仕事だから」と言い訳をはじめると、
幸せ系の仕事は台無しになってしまいます。

自分でサロンをはじめる人も、
自分がどのような幸せ系で、どんなカラーの幸せオーラを出しているのか、
幸せ系の資質はどのようなものを持っているのか?
ということを知ってもらう必要があります。

積極的受け身を行うということです。

ホームページやブログで幸せ特性を正しく表すこと、
友人からでいいので自分の幸せ系に合った人を紹介してもらうことです。
自分の幸せ系に合った人を増やすことが、
小規模事業の仕事「場」を作っていくということです。

この積極的受け身は、
仕事量が自分の幸せを圧迫する手前の時点まで終わりません。
自分で自分の幸せを促進できるお客さんと関わって仕事を作っていきます。

やはり「幸せ」と「評価」の一致を見つけ、それを伸ばすということです。

トップに戻るボタン