Esmose

コラムを読む

幸せ系の仕事術

好きだから「良いサービス提供ができる」とは限らない~幸せ系の仕事術32

好きから仕事をはじめると、それがうまくできると錯覚してしまいがちです。

少し上手くできないとしても、できるまで何が何でも頑張ろうとも思えます
だって好きだから。

恋愛でも同じことがいえます。

最初とても好きな人だから、どんなことでも、たとえ自分に向いていないことでも相手のために頑張れる。
上手くできるようになるまでやれる自分がいる。
そうやって取り組みはじめる。

だけども、3ヶ月、半年、1年と経ってくると最初の情熱はもちろん、好きだった気持ちまでが薄れてきて、
残っているのは上手くできない自分と相手との関係・・・・・というような経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

これが好きと上手くできるが一致しないケースです。

 

好きであることを仕事にしたときにも同じことがいえます。

好きを仕事にしたときの大きな弊害のひとつに、
自分らしくないことに対しても「好きを理由にして前向きに取り組んでしまう
という特徴があります。

なぜ好きだから前向きに取り組むことがいけないのか?

 

幸せ系の人は思い出してほしいのですが、上手くやるということは成功系の考え方です。

幸せ系のままでは上手くいかない。

このままではいけないから、通用しない幸せ系を捨てて、成功系を頑張ろう・・・・・
と、思った瞬間に自分の持ち味が殺されてしまいます

 

何かが上手くできるというのはセンスです。
センスがなければ上手くできません。

好きであることと上手くできることは関係が薄いのです。

上手くできないことに手を染めて、その後頑張るというスタイルは、
幸せ系の人にうまくマッチする方法ではありません。

好きを考える前に、上手くできるかどうか?を考える習慣を持つことが、
幸せ系タイプをより生かすことなのです。

トップに戻るボタン