Esmose

コラムを読む

辞書

対等である(たいとうである)

“前提には自分は自分であることを尊重し、相手は相手というひとりの人間であることを尊重するという姿勢と責任がある。相手がいなければ対等という物事は生まれない。一体誰と、何と、対等に関係を築きたいのか?ということが最も大切。