Esmose

コラムを読む

新しいレベル4

強み発掘の方法


「強み」発掘の方法

そんな特徴を持つ強みなので、強み発掘は心理的になかなか大変なのです。
しかし誰にも真似することができない力を持っていることもまた事実なので、強みを発掘し生かすことができれば、自分が求める成果(と幸せ)に一歩近づくことができます。
では、強みはどのように発掘すればいいのでしょうか?

私が数年検証してカウンセリングを行った結果、全部で6つの方法が有効であることがわかっています。
ここでは全てを書くことができませんので、最も基本的なポジティブ・フィードバックをご紹介しようと思います。
(その他の方法は強みコラムでご紹介しています)

ポジティブ・フィードバックは、あなたと人間関係があるほとんど全ての人に「私が人よりも優れてできることがあったら教えて」と訊ねる方法です。
もともと「ポジティブ・フィードバック」は化学の用語で、小さいものが(連続したり集合したりして)大きなものを作るという考え方のことです。

その考え方を応用して、多くの人に多くの情報を与えてもらいます。
その中から共通すること、多くの人が言っていることなどが、人の目に見えて明らかなあなたの「強み」ということです。


 

自己啓発を説く人たちも、実は「強み」を使っている

ここでもう一度だけ「君は巨万の富を手にする」という言葉を思い出してください。

「君」というのは自己啓発を商品化して売る人のことです。
自己啓発を売る彼らは、商品の内容としてはスキルを身につけ効果的に使う方法を教えますが、彼ら自身は彼らだけが持つ「強み」を使っています。

セミナー大会が有名なある人物は、「あくなき好奇心が持ててしまう」「必要な人には自ら会いに行くことができ、話をまとめることができてしまう」という強みを生かしています。
しかし彼のレクチャーではそのことについては触れられません。
おそらく彼自身、自分の「強み」が成功をもたらしていることに気がついていないでしょう。

別のある人は「初心者に実に丁寧に、わかりやすく教えることができてしまう」「初心者の失敗を心から許すことができてしまう」という強みを持っています。

彼もまた、一般的な成功法則を教え、自分がそのような強みを使っていることに気がついていません。
皮肉ですが、おもしろい矛盾でもあります。

トップに戻るボタン