Esmose

コラムを読む

辞書

思いこみでひとつの「道」を全てとしている人(おもいこみでひとつの「みち」をすべてとしているひと)


まず多角ではなく極端な反対側を経験することです。極端からはじまって、違う道があることを知り、今までと極端との間に、枝分かれしている別の道をもっともっと見つけることです。