Esmose

コラムを読む

辞書

最初からありのままそうあるという姿(さいしょからありのままそうあるというすがた)

都会が嫌いだったということ。居心地の悪さと、無機質さに心が死んでしまうような気がしていた。毎日肩こりと偏頭痛を抱えて生きていた。体が、どうしてもそう反応してしまう。こういうのも価値基準。誰に教えられたのでもなく、何かに影響を受けて習得したのでもない。