Esmose

コラムを読む

辞書

未知のものに対するときの絶対的なルール。(みちなものにたいするときのぜったいてきなるーる)

新しい物事、未知のものというのはいつも必ず現れる。必要だから現れるし、事実そういう風にできている。その中で、自分に上手く適応できる未知のものは残っていく・・・または採用されるし、自分に不適応なものは自然淘汰されてなくなっていく。これが未知のものに対するときの絶対的なルール。