Esmose

コラムを読む

本来美

権威01「行動とオーラ」〜稲垣佳美コースの全貌10

稲垣佳美さんからコースを作ってくれと依頼があったとき。
真っ先に思い浮かんだのがこの権威の使い方 についてでした。

彼女は実際に使っているし、うまい方法もまずい方法も知っている。

そして権威が必要であり、
場合によっては必須であって
その正しい情報は誰も教えてくれない・・・

・・・みんなイメージで悪いものと決めつけている。
でも本来美にも関係している。
ここが稲垣さんの良さの見せ所であろう。。。

ということで、
真っ先に力を入れて作った のが
この3日目の内容でした。

■権威=行動の成果+オーラの総量 (信用+信頼)

権威は「行動の成果」と「オーラの総量」の両方を必要とする。
行動の成果は今はまだ出していなくても、将来確実に出せる「何か」があればいい。

その「何か」は「オーラ」に含まれる。
その他の「オーラ」は人間的なパワー、バイタリティ、自己確信、
軸を持っていること(中心軸が望ましいが間違った軸でも可能)、過去の困難の克服、
気力、精神力などがある。
(例:目力が強い。なんだか安心。一緒にいたい。いてくれるだけでいいなど)

実際の権威とプロモーション上見せかけの権威は違う。
実際の権威は人の体と心をプラス方向に向かって動かす。

■行動の成果

実際の活動で社会的成果を出しているものと
実際の活動で自己確信的成果を出しているものがある。(例:研究結果)
プロモーション的権威では前者が必要だが、
真の権威はどちらか、できれば両方あると望ましい。

また「行動の成果」は「行動」ありきなので、思索や感情の推移は必要ない。
権威は、ほぼ必ず行動の結果か、現実目の前の行動か、今後の行動の確信が含まれる。
行動のないパワーは、ただの力でしかない。

(→得意な行動面のフィードバック)

「行動の成果」を強化する

①強みを知り、使う(近道かつ強力)
②断言する力(断言できる物事から自分を運ぶ・・・断言とは?)
③絞る→圧倒的成果(が出せるところに集中する。例:No.1、2に絞る)
④お山の大将になる(お山の作り方・・TOPを行う 注:人を集めるのではなく集まるようにする)

■オーラを強化する

行動の成果もオーラも更新され続けることが権威を維持する。
以前の権威は古くなりパワーは落ち続ける。

①人間的なパワー・・・人としての信頼性、他にはない行動力、成果が出るまでやり続ける姿勢
②バイタリティ・・・生命力。生き抜く力。サバイバル(ー)ではなく道を作る(+)力
③自己確信・・・自分の中にある確信へのアプローチが可能である状態。「知っている」という感覚
④軸を持つ・・・揺るがない価値基準とそれを基準にした思考、感情、行動
⑤過去の困難の克服・・・ブロックを伴わない、人間的力を経験によって養ってきた過去
⑥気力・・・体力を操作し動かす力
⑦精神力・・・魔力を操作し動かす力

(→自分がそれぞれの項目で何を持っているかフィードバック)

「適正なオーラを維持するためのポイント」

・正しいマインドの持ち方(自分の権威を生かす持ち方にフォーカス。×欲求、理想、正しさ)
・オーラの特性と影響力の範囲を正確に知る

結果どうなっても引き受ける責任(TOPの責任)

僕はこの権威論、大好きですよ。

権威なくして、本当にうまく行くことなんてできるんですかね?
権威は権力と間違えられがちだけど、
そのあたりは明日また書いていきます。

包丁も使い方を誤ると凶器になる。
権威も同じです。
それを使う人次第で、素晴らしくも輝かしい
自分を生かすための力になり得ます。

できればこのコラム呼んで、もう
権威に対してなじんでほしいなと思うのです。

トップに戻るボタン