Esmose

コラムを読む

辞書

稼働域(かどういき)

稼働域というのは関節の曲がる範囲のことです。稼働域を広げると熟練につながる。適用範囲が広がるといってもいいし応用が利くようになったとも言える。