Esmose

コラムを読む

本来美

設定03「世界観の解除」〜稲垣佳美コースの全貌17


ビジネスコース2日目終了後、参加メンバーとちょっとお茶をして
そのご傾斜地の女王 とミーティング。

一体自分が、
毎日何人の人に会って
どんな話しをしているのか

皆目見当もつきません。

ま、いーや。
連日の疲れで
意識もーろー。

では稲垣節どーぞ

■実現のための設定をする

・世界観と前提、解除する

世界観はどのように作られるか?
世界観とは何か?を先に解説

①「思う」のではなく「そうである」または「そうできている」→前提

「世界がそうできている」という大前提の設定の中で
私たちはうまくやろうとする。

元の元の世界観は「何をやっても何をしなくても私には価値がある」
「いるだけでいい」「いるだけでもう愛されている」

世界観に誤りや誤解があると、その勘違いの世界でうまくやろうとする。
→心が本当には求めていないものを手に入れようと働きかける
→上手く行けば行くほど、うまく行かない。満たされない

・設定は「思う」「思い込み」で作らない
世界は「私が幸せになるようにできている」と思い込んでもその通りにはならない。
思う、思い込む、ということは心の底で「そうではない」という取り決めがあるから。

だから、設定すればうまく行く・・・というのは誤った考え方。
うまく行く必要があるように変更しよう→うまく行かないからという背景設定

※ワーク
「そういうものだ」「考えもしなかった」「え?それ以外何かあるの?」
という状態をそれぞれフィードバックしてその感覚を実感する。
思い込みは外してしまう。

②状態の決断をする

決断の力を使う。「する」ことではなく「そうである」ことを決断する。
決断をしてみて、特にうまく「そうである」となったことを強みとして知る→※宿題
(「そういうものだ」感覚を知らない人は、決断を導入にすると感覚に落としやすい)

③現在の世界観を一度リセットし、状態を整える

・リセット「設定をはずす」
しなければならないことに対して苦しさを感じたとき。閉塞感。

・本当にそれはしないといけないことなのか?しなかった場合どうなるのか?と聞く
・しなければならないことを「したい」に変えたときにそれをしたいか?
・最初からこうなるとわかっていて、それでも手をつけていたか?を問う

こういう感覚前もありませんでしたか?と聞いてみる。
ということを、小さいことからひとつひとつ止めていく。

・状態を整える
設定が小さくなったら、どういう行動をしたら自分を出せているか?を検証する。
(例:誰かに会う、外に出る)
ムダにいろいろとやってみる。
(世界観を再構築する)

方向を間違っていると気がついたら、設定そのものを見直す。
(世界観を解除する)

このままでいいのかな?
「上手く行くために運ぶのか?」「今の自分がイヤだからやるのか?」で
自分を生かす世界と生かさない世界の構築は分かれる。

④世界観を再構築する~基本形

・ただうまく行くようにできている。それ以外ない。
・自分ができることをただやるだけ。そして全てできてしまう。
・心の本当に望むことだけで進まれていく
「そういう風にできている」

という世界観を最初に設定する。

ヒント:
パラレルワールドの少し違う(自分)現実なら、
こういうのがあってもおかしくないな、と思ってみる。

世界は自分が持つ【本来美】を輝かせるためだけにある。
それ以外の理由はない・・・という世界観を設定する。

世界観を再設定して、自分を自分らしく運ぶ大前提を持つことができたら
はじめて
現実で実現していくために必要な設定をスキルとして使いこなしていく。

ううむ
自分でまとめておいてなんだが、
やっぱり、
稲垣さんに話しを聞いた方がわかりやすいな。

オレも感覚的には掴んでいるんだけど
言語化が結構難しいと思います。

ま、それでも大切であることに変わりはないので
ぜひとも知っておくべきポイントですね。

そして。
なんかですね・・・・・

稲垣さんのブログでこの【本来美コース】
第一期、9月からスタートすると書かれています

そして、先行予約ができる のですが

本日彼女と夜までいて聞いたところによると
定員10名のうち、既に7名が埋まりつつある・・・・
・・・・まだ告知記事も書いてないのに
ということだそうです。

えー。興味ある方は早めに申し込むことをお勧めします。
ちなみに第二期はまだ未定です。

トップに戻るボタン