自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

身に付いたもの(みについたもの)


理解が余分なフィルターを含まずに、結果との整合性でのみ物事を検証して測っていくので、それに慣れてくると、その世界のあり方というのが自然に身に付く。この「身に付いたもの」が、新しい知覚と、それを認識することができる直観になる。知らないものを知っているという矛盾が身に付く。