Esmose

コラムを読む

辞書

遅れの具合、度合い、誤差を自分で把握できるようになる(おくれのぐあい、どあい、ごさをじぶんではあくできるようになる)

自分が何をどのくらいで生み出すことができるのか、できないのか?ということがわかるようになります。事実としてどのくらいの遅れを持ってことに挑む自分なのか?ということがわかってきます。