Esmose

コラムを読む

センスと素質

適応範囲を広げる4 「妄想力」〜可能性の最高術22

本日の大杉日香理さんとの打ち合わせで、このセンスと素質のコースは

センスではなく、素質からはじめる

コース初回は9月頃にスタート

というあたりに進んでいきそうです。お楽しみに。

さて素質。適用範囲の中の4回目はちょっと異色。
ふざけているようで大マジメですからね。

④妄想力を鍛える
「ロールモデルをモデリングする」のマンガに近い。
妄想は創造性を引き出す。創造された世界は適用範囲を超えている。

妄想そのものは現実的ではないこともたくさんあるが、
妄想できる適用範囲があって、その妄想力が自分の脳の可能性の範囲に収まる。
ということは、
現実という枠を超えて、自分の脳の適用範囲を広げることができる。

脳の適用範囲を広げると、これまでは不可能だと思われていた
妄想のいくつかの部分が、実は現実に適用できることがわかる。
この方法で資質を伸ばすことができる。

これって自己プロコースでも言っていることなんだよ。
自己プロコースの3日目・・・(えー現在は2日目が終わった後の宿題として)
プロモーションノートというのをつけてもらいます。

このノートの内容が妄想ノートなんだよね。
そして、自分のプロモーション考える上で
めちゃめちゃ重要なわけですよ。

ま、そんなわけで妄想が得意な人には一縷の希望??

明日はリーダーシップを取るということについてです。

トップに戻るボタン