Esmose

コラムを読む

辞書

量子的に学習する(りょうしてきにがくしゅうする)

相対的に追求した学習結果がいつも必ず間違っているときがあるという前提で学習をすることです。100%間違っているのではなくて、適用できるときとできないときがあるということ。矛盾する2つの現実が両立するなんていうこともある。量子的学習はこういうものも全て複合的に正しいという前提で受け入れて、その上で判断を下していく学習方法です。量子的学習で唯一避けることは、相対学習が絶対正しい!というリクツだけです。