自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

長距離を短距離で走る走り方で走って、ゴールにたどり着くわけがない(ちょうきょりをたんきょりではしるはしりかたではしって、ごーるにたどりつくわけがない)


目の前の人間関係がうまく行かないことに悩む必要もないわけです。それ自体短距離走だから。これからの人間関係というのは長く長く続いていきます。その中で親しい人が数名見つかればいいのであってそうでない人間関係にいちいち頭を悩ますのは、目先の問題に囚われて大切なことを忘れているということです。