Esmose

コラムを読む

5章 - 悪魔のツールを退ける

悪魔のツール対策5 – 弱みに注目する人

強みをダメにする悪魔のツール、その5つ目として弱みに注目してしまう人のことを書こうと思う。

ある女性経営者は、従業員のできないところに注目する。してしまう。優秀な人材に対して、その人がアルバイトであり社員が働くほどに時間が取れないことを非難する。優秀であることを取り上げて評価しようとしない。
また別の人材に対しては、事務作業ができないことや他のスタッフと密接なコミュニケーションを結ばないことに辛口になっている。私がその人材の強みを指摘しても、必ず「でも〜」からはじまる言葉を聞くことになる。

ある従業員が出張で泊まったホテルがラブホテルであることを問題にして、そのスタッフが出張で出した成果には注目しない。
噂で誰かの非難を聞くと、後日その誰かと話をするときにその噂話を持ち出して相手に行動の改善を促すということもする。
その誰かが、普段どのような強みを発揮して、どのような成果を導いているかは口にしない。

口にするとしても、必ず「でも〜」のキーワードが発言される。

 

私が知っている範囲で、彼女と一緒に仕事がしたくないと言って去ったスタッフが5人いる。

私の目から見て全て素晴らしい強みの持ち主で、ある程度その強みを生かすことのできるポジションに就いていた。それらのポジションが全て空いてしまった。そして人員を補充しても、元通りの成果を上げることはできなくなってしまった。

弱みは、強みと同じく誰でも持っている。

学校のように平均点を求められる世界でなら、弱みに注目することもいいだろう。しかし、1人の人間として自分らしく生きていくことを考えるのなら、弱みではなく強みに注目しなくてはならない。

自分のダメなところ、毎日の反省、後悔すること、非難のポイントなどが考え方のほとんどを占めている人は、強みに注目しないという意味で強みを生かすことができない。
たとえ、強みのことを知ったとしても、そして生かそうと考えたとしても、それをうまくできない自分を責めることに時間をかけてしまって、強みはいつまでも発揮されない。

強みを生かすためには、「弱みに注目する人」になってしまってはいけない。

トップに戻るボタン