自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

内省と内観

内省と内観00〜やった風な口を利くな

連載することにした。ニュージーからの帰国中に思いついた。 00なので導入。 内省、内観ができている人がほとんどいない。 ほぼ全くいない。 やってるつもりのヤツがゴマンといる。 未熟な上に害を生み出すやり方をしている。 考えれば内省だと思っている。 反省すればいいと思っており、 原因を探ればやっていると思っている。 悩めばやってるつもりになる、なんていう凶悪なの……続きを読む
1044文字 | 読了2分 | 投稿日2014年4月15日

内省と内観01〜何のために内側に取り組むのか?

内側に取り組みはじめる人のほとんどは キリスト教で言うところの懺悔室での告白をやりはじめる。 マイナスな自分をどうにか救いたい という動機でやる。 負の感情を抱いてしまう自分。 人とうまくコミュニケーション取れない自分。 何を目指していいのかわからない自分。 自分らしくいれない自分。 儲けられない自分。 結婚できない自分。 何か自分に問題があるに違いない! ……続きを読む
1830文字 | 読了4分 | 投稿日2014年4月16日

内省と内観02〜全て、すぐに答えは出ない

自分の内側の何かを探る行為は、全て すぐには答えが出ない という特徴がある。 内省も内観も、内側に問いかけするものは全て 長期的に行うべきであって 短期的な気づきなどはあり得ない。 ここを間違っている人は多い。 そうだったのか!と気がついた。 感情を解放して楽になった。 もう大丈夫、ブロックが取れた。 受け入れることができるようになった。 全部勘違いだといって……続きを読む
1291文字 | 読了3分 | 投稿日2014年4月17日

内省と内観03〜基本の基本

内省の基本はフィードバック にある。 フィードバックできる人が内省できる人、と言っても言い過ぎではない。 フィードバックは内省の基本中の基本的なやり方になる。 内省のフィードバックでやることは3つある。 ひとつめは、プロセスと成果を振り返る こと。 自分がうまくいったとき、 その時どのようなやり方や道を通って、何がうまくいったのか。 これは行動と成果という外の……続きを読む
1601文字 | 読了3分 | 投稿日2014年4月18日

内省と内観04〜「心の流れ」と「現実」の違い

フィードバックしたものの中から、自己矛盾が見つかることがある。 というかよく見つかる。 思考や感情(内的)と 行動や成果(外的)なものが一致しない。 一致させたい!だが一致しない!! というものに注目する。 こんなに考えて、こう持っていこうとして こういうところを読んで こんな直感を働かせ、 データからこういう風に分析して だからこの結果を導き出そう! ……続きを読む
3067文字 | 読了6分 | 投稿日2014年4月19日

内省と内観05〜検証して発展させてみる

3話目で内省の振り返りのしかたを。 4話目で問題の対応のしかたを見てきた。 うまくいく内的な自分の発見と うまくいかない内的な自分の発見を見たので 次は、 今後よりうまくいくための内側の使い方 を見ていく。 「振り返り」と「問題」はどちらも これまでの自分から自分の内側の特徴をつかんだ。 次はその内側の特徴を伸ばせないか? と考えてみる。 うまくいったこと……続きを読む
2421文字 | 読了5分 | 投稿日2014年4月20日

内省と内観06〜未だ眠る可能性を掘り起こす

03で内省の基本フィードバックを。(+) 04で問題対応を。(-) 05で発展を見た。 今回はまだ発見されていない確信を内省によって探る方法を。 ものすごく凄い自分が眠っているのではないか? と思ったことはないか。 眠っているとしたら内側の世界に未開拓のまま残っている。 内側の世界のことなので内省によってこれを発見する必要がある。 強み発掘もそのうちのひとつ……続きを読む
1343文字 | 読了3分 | 投稿日2014年4月23日

内省と内観07〜哲学的抽象概念も内省する

内省シリーズ、今日を入れて連載あと2回です。 自分ができていること、自分の問題、自分の発展、自分の確信の 4つを内省するということを見てきた。 最初の3つは全て既に自分の中にあり、外の世界で効果を出しているもの。 最後の1つは自分の中にあり、まだ芽が出ていないもの。 今日は、自分の中にも外の世界にもあるが明確になっていないものを内省する。 が、何か?というとあえ……続きを読む
1249文字 | 読了2分 | 投稿日2014年4月23日

内省と内観08〜自己マネジメントする

3話から7話まで、内省のやり方を書いた。 それを長期的継続的に行う。 内省は外の世界でうまく自分を運ぶために行う。 内側と外側を一致させる。 一致させる作業をずっと継続する。 それが自己マネジメントになる。 内省と成果の関係は、 長くに渡って自分をうまく運ぶためにやらなければならない。 ということは、 これまでの内側と外側の一致に疑問を持たなければならない。……続きを読む
1147文字 | 読了2分 | 投稿日2014年4月24日

トップに戻るボタン