自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「なる」方向(「なる」ほうこう)

もともとの中期の方向ならそれでいいし、そうならないなら中期の方向を一番今の自分に合ったものに変える。もともとの抽象的方向に戻そうとしてはいけない。また短期の結果を必ず得られるように組む。そしてまたこれを繰り返すと 「目の前」が「長い目」につながるポイントというか連結部分というかが見えてくる。

前話: 目の前の物事の結果の積み重ね(めのまえのものごとのけっかのつみかさね)

次話: 継続的に自分を上手く運ぶひとつの方法(けいぞくてきにじぶんをうまくはこぶひとつのほうほう)