自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「ゆらぎ」に「保留」の力を使う


最近【一人踊るセミナー】 が多くて、ちょっと堅苦しいブログになっている気がしますが、

何だか書くことが湧いてくるので、このまま書き続けたいと思います。(週末は広島なので落ち着くだろうし)


水が0℃で氷になる、ということは誰でも知っています。

松原靖樹の全国セミナー・ログ

これまでゆらゆらしていたものが、なぜか0℃という温度の条件が満たされるだけで、

見てくれも性質も質量も違う物質に変化します。

水の分子はH2Oですが、水のときは分子がバラバラ好き勝手に行動しています。

動きがランダムなわけです。

 こんな感じ。

そのバラバラに動いている水の分子が、0℃になると同じ方向を向いて整列しはじめます。

 こんな感じに。

これが氷です。

じゃあ、0.3℃ではどうなっているかというと、

 こんな感じになっています。

よく知られているのはカオス理論という考え方がありますが、

もっとミクロに見ると、これをゆらぎと言います。

水でも氷でもなく、不安定で、整列しているのかランダムなのか、よくわからない状態のことです。

規則性と不規則性が入り混じって、不安定なことこの上ない状態になります。

(水はランダムという規則性によって、安定して水でいられる)

つまり何が言いたいのかというと・・・・

大きな変化が来るときは、必ずゆらぎが生まれるということです。

現実的な活動では、これまでになかったようなクレームや違う種類の人が関わってくるとか、

大きなピンチとチャンスが入り乱れて、立て続けにやってくるとか、

気の持ちようや健康にムラが出てくるとか、そういうことが起こりはじめます。

例えば、人として大きく成長するとか、仕事の内容が次のステージに移るとかそういうときにゆらぎが起こります。


ゆらぎが起こったとき、ほとんどの人は「問題解決をしよう」と試みます。

が、無駄です。

水になるか氷になるかを決めるのは温度(外の世界の条件)であって、

0℃以下なのに水でいるために「もっとランダムで動き回れ!」と言って努力をするとか、

0℃を下回ることがないのに「早く整列しろ。整列しないからダメなんだ」と頑張っても全く意味がありません。

整列する方にも、ランダムでい続けることにも自助努力は不要です。

ゆらいでいるということは、既に変化がはじまっているということです。

このゆらぎには、これまで経験したことのない内容や、経験したことのない量が一気に来ることがあります。

そういうときにベストな手立ては保留にするという力です。

松原靖樹の全国セミナー・ログ

保留にするというのはつまり、何もしないということです。

または、ただ傍観しているということでもあります。

不安によって問題解決に走ろうとしない・・・・ということでもあります。

保留にしておけば解決する問題や、保留にしておけばうまく行く物事は

それをしたことがない人が予想できるよりも、はるかに多くあります。

ただ何もしないだけで好ましい結果が決まってくるわけです。

人は自分の物事を自分で決めないと不安になったりしますが、

「決まってくる」流れに逆らって、「決める」ように働きかけをしても思い通りになることはありません。

そもそも決まってくることそのものが、自分がこれまで積み重ねてきた結果決まってくるからです。

大きな変化がいくつも重なったり、激しくよくなったり悪くなったりするとき

ただ状況を観察してどうなるのかを見ていることができる人が、

実はうまく行く人だったりします。

これが保留の力です。

【関連記事】
多重変化を見逃さないこと
「決める」<『決まる』

トップに戻るボタン