自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「リーダー」というのは「何」ですか?


今年一番興味深く勉強したのが自己組織化でした。

自然科学の世界では良くあることで、物理的なことだと水が氷になるとか、生物的なことだとハチの組織とか。

リーダーが理念と方向性を示してぐいぐい引っ張っていくのではなく、

そうなるようにできていく、というスタイルで組織的、体系的なシステムが作られていくことです。

手元に資料がないので、覚えている曖昧な記憶だと、

トヨタ系列のある会社が火災で全焼。

その会社だけで作っていた部品が供給されなくなったために、自動車生産が滞るという事件が起こったとき

誰が指示したわけでもないのに、周辺の会社、子会社、孫会社などが寄ってたかって

自分ができることを提供するという行為を行い、見事に部品供給に成功した、というケースがあるそうです。

(もうちょっとちゃんと調べます)

この話を知ったことによって、俄然自己組織化のメカニズムが熱く燃えてきました。

ある程度自分の活動内の話ならなるようにするという自然派生的な方法で物事を進めることに成功しています。

こういうスタイルが小さい分野ではあるにしてもうまく成功してくると、

今度はリーダーなどいらないのではないか?疑惑が出てきて、

さらに本質的に探っていくと、リーダーって何?みたいな質問に行き当たることになります。

リーダー論は、ビジネス系ならハーバードビジネスレビューとか読んでいれば必ず出てくるし、

スポーツの世界でも政治の世界でもある程度認知があるので当たり前のものになっていると思います。

それでもリーダーって本質的に何?と聞かれるとなかなか答えにくい。

ビジネスだと状況と組織をマネジメントして回す人がマネージャー。

方向性を定めて理念を打ちたて、木に登って未来を見据えるのがリーダーだとしています。

無人島にたどりつくような某米国ドラマだと、誰がリーダーになるかでもめたりなんかして。

ちょっとくだらねぇとか思ってみたり。

仮に方向性を定めて理念を打ちたて、将来を見据えて決断をする人がリーダーだとして、

・・・・そんなこと言ったらみんなリーダーじゃないの?的ギワクありありです。

違うよ、多くの人にそれを示す人だよ・・・・だとして、

え、なんでそれが正しい意見なの?みたいなことは誰にもわからないわけですよね?

カリスマ性とか信頼度が高いとして、だからその人を信じることができるとしても

それってインチキ宗教でもあるわけです。

カリスマと信頼度がある人が方向性と理念を打ち立てて未来を見据えるとリーダーなのか?

もしそうだとして、本当にその方向性でいいのか??

いいわけないだろ!という結論にどうしてもなってしまいます。

個人で見たとき、

自立した個人の特性や人格、方向性は個々別々になるというのことははっきりと分かっています。

集団で見たとき、

人は個人であるときとは違い、適応と模倣によって動くことが科学的に明らかになっています。

環境に左右されない個人はいないというスタンス。

パターン現象によって物事が決まるので、やはりリーダーなどいらないということになる。

と考えてみたら、リーダーって人が心理的に安心するための存在?

頼りになるものがあればOKみたいな?というギモンも出てきます。

確かに指針を示してくれる人がいると人は安心できます。自分で考えなくていいから楽だし。

実際「指針を示してくれるから従ったのに、思い通りにならなくてだまされた」的、超依存体質の人も

世の中にはちゃんと存在しています。

こういう場合のリーダーと呼ばれる人に共通した特徴は強いということです。

金とか力とか、美とか優しさとか、感情によって心を、論理によって頭を動かされるものに私たちは注目します。

そういう風にできている。

強いものに思いっきり影響を受けてそれを信じるように、構造的にできているわけです。

どうせ強いなら、断片的に強いのではなく全教科オール5みたいに全体的に強い方が信じるには便利

安心も信頼もでき、頭もよく力強く、愛することを知っていて受け入れキャパも広い。

なんとなくリーダー素質な気がしてきます。あくまで気が。

その気分によって、リーダーは作られるのです。

例えば中世のフィレンツェで政治活動したニコロ・マキアヴェッリは著作「君主論」の中で、

肉体的に壮健であることが(も)重要である、と書いています。

体格がいい方が気分的に信頼に値するように思えます。

全教科を満たしていなければ、あるいち教科の中でのカリスマにまず仕上げられます。

カリスマに仕上げられたものがリーダーとして認められるかどうかは、

何か方向性を強く強く示す(内容は何でもいい)必要があります。

リーダーは、指導者でもカリスマでもなくって、ただ単純に人の頭の中にあるイメージと一致している人のことです。

リーダーを作ろうと思ったら、このイメージ像に一致すればいいのであって、

結果や成果を打ち出す必要は必ずしもありません。

実際このイメージに一致する独裁者・・・ヒトラーやスターリンなどはいくらでも挙げることができますし。

または、このイメージに一致する必要のある時代背景なんかもあります。時代が求めているというか。

カエサルとかマッカーサーなんかがそう。

リーダーという強いものが必要なイメージが湧いてきたら、

物事はリーダー不在によって成ることの方がはるかに多いことと、

リーダーのような強いものが必要な状況に間違いがあることを振り返ることだと思います。

【関連記事】
「するようになる」から「なるようにする」へ

トップに戻るボタン