自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「人」と「タイミング」が素直を上回る


こちらは2009年9月10日に掲載されたコラムです。

一人踊るセミナー・ジャンルの一言編です。コンサルティングなどでよく見かけることを話題にしています


最近・・・に限らず、よく松原さんのおかげでいろいろと見えてきました、と言われます。が、誤解です。

人が何かの気付きを得るのはその人そのものタイミングです。

僕に限らず、何かを伝えたり教えたりしている人すべてに共通していますが、

相手が誰かによって言っている内容がどのくらい通用するかが変わります。

僕自身も経験がありますが、伝えても伝えても、伝え方を変えても、やり方を変えても無理な人がいます。

   その人の持っている資質が、僕の持っているものと合わない場合や、

   その人の持っているパターンが新しいものを拒否している場合、

僕がいくら伝えてもその内容は相手の心の中に入っていくことはありません。

これはものすごく大切なことで、僕は「相手次第で結果はどうにでも転ぶ」と思っています。

なので、伝え手の責任として、自分の言葉が届く相手を探すべきだとも思っています。

過剰な宣伝や、売上を上げるためだけの目的で活動するのは暴力だと思うし、

全てをご縁や流れとして捉えるのは責任の欠落じゃないかなとも思っています。

よく「素直かどうか」が重視されますが、

もうひとつ、タイミングというのはやはりあって、同じ人でも時期や状況が変化すると

受け入れることができるようになったりできなくなったりします。

やはりタイミングが合っているかどうかをしっかり見ることは必要だと思います。

セミナーにしても個別コンサルティングにしても、それそのものの何かが素晴らしいのではなくて

僕の側に素晴らしいことがあるとしたら、

自分の打ち出しているものに合っている人が来てくれるように工夫していること。

相手の側に素晴らしいことがあるとしたら、自分にぴったりなものをタイミングよくつかんでいることです。

なので、基本的にやはり何かを得た人の方がはるかに自分のおかげだということです。

逆に言えば、全然良くなかったと評価するひとは、自分で自分が選ぶものを間違ったということです。

誤解を招く言い方をしますが、

結果としての充足や不満足は、どちらも本人のおかげや責任で、僕のおかげや責任ではありません。

僕やその他の伝え手にできることは、ただ伝えることだけです。

成果はいつも本人が決めているのです。

【関連記事】

なぜやってもやってもうまくいかないのか? ~1回目「素直さについて」  

次回のエネルギーワークは・・・6月30日


ブロック解除 & 資質開花 6/26申込締切!!
白ヤギ黒ヤギ & 四門四神 7/10申込締切!!

Profile

松原 靖樹

プロフェッショナル部門

性別:
男性
誕生日:
1973年1月1日
血液型:
O型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
【プロフィール】  4つのポジショニング理論、強み発掘法、構造心理学理論、言語心理学理論など人間の…

続きを見る >

フォロー

■セミナー活動

全国で開催中のエスモーズセミナー
「強み」を中心とした各種セミナーをあなたの地域で受けられます

エスモーズセミナー講師になるには
全国の講師登録250人のセミナー講師にあなたもなってみませんか

エスモーズ事務局への問い合せ



Archives

一覧を見る

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    トップに戻るボタン