自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「人とのつながり」という大事な栄養源(「ひととのつながり」というだいじなえいようげん)

その栄養源がなければ人は死んでしまう・・・寂しくてたまらなくなり、気が狂いそうになる人も出てくると思う。

前話: 「共感」が正当化に使われる。(「きょうかん」がせいとうかにつかわれる)

次話: 共感はその機能の前提が【人としてのマイナスを避けるため】にある。(きょうかんはそのきのうのぜんていが【ひととしてまいなすをさけるため】にある。)