自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「人の力を自分のために使う最初の方法」がなかなかできない人が多い理由(「ひとのちからをじぶんのためにつかうさいしょのほうほう」がなかなかできないひとがおおいりゆう)

これまで自分個人を生かして能動的にやってきたので受動がうまくできず、これまでの自分のやり方ではない方法が事業に進出して来るので心理抵抗がある。

前話: 人の力を自分のために使う最初の方法(ひとのちからをじぶんのためにつかうさいしょのほうほう)

次話: ふたたび能動を採用する(ふたたびのうどうをさいようする)