自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「先取りする力、先読みする力」には限界がある理由(「さきどりするちから、さきよみするちから」にはげんかいがあるりゆう)


例えば1時間後のことを読んで手を打つのは簡単にできるし、ミスする確率も低い。でも、1年後のことを読んで手を打つのは簡単にはできず、ミスする確率が高い。のに、できるし、やらなければならないと思っているところに弊害があるわけです。