自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「出現させる」には3つある


出現させるというのは3つある。

既にあるものを組み合わせたり、改善したり、発展させたり、応用して
これまでとは違う新しいものを生み出す。

既にあるが、誰も気がついていなかったりまだ形になっていないものを具現化する。
ニッチを見つけるのもここに入る。

最後が、いまは全くないものをこの世界に創造する。

ないものをあることにする。

上から順番に数が多く、難易度も低い。

上から順番に、受け入れられやすい順になっている。

とは先駆が関わる。
は絶対領域が関わる。
は次元化が関わる。

どれも可能性の向こう側に関する物事になる。
全てイノベーションと関わる。

<注釈>
先駆、絶対領域、次元化はコンサルティング習得講座理学編の内容。
可能性は同じく理学編と【四門四神】  の内容。
イノベーションのコラムシリーズはこちら

トップに戻るボタン