自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「心を開いていないこと」が諸悪の根源(こころをひらいていないことがしょあくのこんげん)

「怖いから」「業界がうるさいから」「タダで出すと真似されるから」というような事実正当な理由によって、事実心を閉ざし、事実人が寄って来ない状態を自分で作り出します。これらは全て「心を開いていないこと」が諸悪の根源となっているケースです。この前提でどんなに頑張っても、事態が改善されることはありません。

前話: 事実正当な理由(じじつせうとうなりゆう)

次話: 「心を閉ざしている」という状態(こころをとざしているというじょうたい)