自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「既にそうである」を実践する(すでにそうであるをじっせんする)

「その後の世界」が本当に自分にとって必要であるなら、もう既にその後の世界の自分であるという自分を実践する。既にそうである、というのは自分は自分でなくてはならず、既にそうでなくてはならないものを、「そうである」とする。

前話: 稼いだ後の世界(かせいだあとのせかい)

次話: マネジメント基礎の基礎(まねじめんときそのきそ)