自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「気持ちがある」や「やる気がある」(「きもちがある」や「やるきがある」)

物事がうまく動いていないときか、まだまったく手をつけておらずゼロの状態のときだけです。そういう心理を表す言葉だからです。この言葉を使う人の説明は、今の進捗ではなく明日から何をするか?を話す傾向があります。

前話: ストレスフリーであること(すとれすふりーであること)

次話: 本気でやる(ほんきでやる)