自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「無理にやらなくてもいい」の意味は?

こちらは2009年9月10日に掲載されたコラムです。

過去のセミナーを受けてくれた方から、こんな質問をいただきました。

いい質問だなと思ったので、メールレスではなくブログ読者のみなさんにも共有しようと思いました。

松原さんのブログやセミナーの中に出てくる「無理にやらなくていい」っていうのは、その人が本当にやりたくなければやらなくていいし、本当にやりたければどうぞ~っていう感じですか?最終的に選択するのは本人の気持ち次第という意味合いなのかな?!

まず、「やりたい」「やりたくない」は全く問題外です。

欲求でやることやらないことを決めるのは、子供がおもちゃほしいというのとあまり変わりません。

ここは最初に押さえておきたいポイントです。

やる、やらないを決めるのは、事実にあります。

事実やると自分にとってうまくいく、うまくできる、結果がついてくる、ベストな方法である、という場合にやります。

これが基本・前提です。

なので、「無理にやらなくていい」というのはうまくいかず、うまくできず、結果がついてこなく、ベストではない

という場合に「無理にやっても無駄」なのでやらなくていい・・・やってはいけないということです。

多くの場合、「うまくできるはずがないのに、どうしてもやらなければならない」という物事は

外の世界基準自分を不足させる基準からやってきます。

例えば、会社が求めている。みんなできる。だから自分もできなければならない、という場合や

自分はまだまだだ、もっともっとうまくできるようにならなければならない、という思い込みの場合です。

こういうときにやろうと試みている物事は、どの道うまくできる日はやって来ないので

無理にやらなくていい・・・やらない方がむしろ良く、自分の強みを生かせるように場所を変えた方がいい

ということです。

できないこと、結果が出ないという事実に対して無理に頑張るのは、

どの道無駄なのでやめた方がいいということです。

とはいえ、「無理に頑張る」場合が3つあります。

  ・1つは命にかかわるとき
   家事や地震もそうだけど、貧乏すぎる場合なども無理に頑張る必要があります。

  ・2つ目は自分の足を自分で引っ張るとき
   それを克服しないと自分が生かされないというものには頑張ってでも取り組む必要があります。

  ・3つ目は本当に得るべきものに対してそれに取り組む必要があるとき
   自分が結果を目指す物事に対して、それを取り組まなければ結果を得ることができないという場合、
   頑張って取り組む必要があります。

最終的には自分の中の中心に近いところにある軸で判断を決めるのだと思います。

論理的にでもいいし、直感的にでもいい。プロセスは人によって異なります。

自分にとってうまくいくために必要ならやる、必要なければ無理にしない、というところにまとまります。

【関連記事】
マイナスの世界を生み出す、ポジティブな言葉  

コラムを読もう!


2種類の小冊子 「強み小冊子」と「ビジネス小冊子」販売中!!

とにかく【強み発掘】!!


「セミナーの講師になるには」案内記事” class=”replaced_link replaced_link_from_ym11″>「セミナーの講師になるには」案内記事

前話: 馬車馬の季節

次話: 多重変化を見逃さないこと

トップに戻るボタン