自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「知覚の仕方」が問題になる理由(「ちかくのしかた」がもんだいになるりゆう)

本当は世の中にちゃんと存在しているのに、そこにあるものを、あるとすることができない。だから、自分の理解や行動、心のあり方や金もうけの仕方の範囲を狭めてしまって、枠内の生き方を自分で強いるわけです。

前話: 知覚の仕方(ちかくのしかた)

次話: 知覚よりもただ現実を優先する(ちかくよりもただげんじつをゆうせんする)