自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「私は真剣に生きてます」ごっこ


よく悩む人は、悩みたいから悩んでいる。

過剰に考えてしまうこと、
過剰に感じてしまうこと
というのは確かにあって

そういうのは過剰であって
適正ではないので
悩まなくて、考えなくて、感じなくて結構。

まして
過剰なものに流されまくって
鬱になったり
ノイローゼになったり
人を攻撃したりしはじめると
もうこれ
精神病の世界。

で、なんでそんなに悩むのか?
傷つきやす「過ぎる」のか。
考え「過ぎる」のか。

というと、
そうやって真剣に取り組んでいる自分が
さも・・・
一生懸命生きている自分
として自分を認められるから。

悩んでいる間は「生」を感じられる。

そんなことをやり続けているうちに
ほら見て、
私はこんなに自分の生を全うしている

という自分を作ることができる。

まさに真剣に生きてますごっこ。

でも、その間中、必ず自分の人生生きてませんから!
だって悩んでいるという
真剣モードの幻想で自分をごまかしているわけでしょ。

その間中ずっと。

気にしない。
忘れる。
で、目の前のやるべきことをやる。

目の前のやるべきことは
大概つまらないもので
当たり前なので
特に感情も思考も動かないもの。

そういう日常のひとつひとつを
確実に積み上げることが大事・・・

というのは、
文字で読んだり、人に聞いたりするとよくわかる。
けど、
悩む。

どんだけ悩みたいねん!
どんだけ生きるステップやりたくないねん!!
目の前のことやれや!
ちゅう話。

というのを、
オレ的拡大解釈込みでまとめてみました。

トップに戻るボタン