自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「自分のことを分かってくれない」として


オレはだな。今から考えると
直感力もバリバリ冴えていたし、
本質的なこともめちゃめちゃわかってきたのだと思う。

親との関係は悪かったからいわゆるブロックを
それはそれはてんこ盛り作ってきたし
子供の頃には「大人は誰も助けてくれない」と思っていた。
実際そうだったしな。

アホ大人になることが大きくなることだと思った。

そんなわけで正しくオレを理解してくれる人など現れず、
・・・理解というのは、その人のことを分かるということと
その人の気持ちをわかるということ、
つまり理解と共感なんだが
ずっとそれで生きてきたわけですわ。

ま、今となっては
現実的に見て多くを理解してくれる人はいるし
共感はそれよりも少ないけど部分的にされる共感を
全部足せば軽く100%など超えてしまう。

人に恵まれている。

実際のところそれがわからなかろうが、否定しようが
現実は必ずそういう風にできている。
そんなことない!といっているのは勘違いになる。

だが、
多くの人が理解と共感の両方、
心理学でいうところの承認をされていないと思っている。

世界は誰も私を認めないと思っている。
オトコもオンナもそう思っている。
「なぜならここがいつも認められない!」
その根拠を示す。

まぁよいであろう。
生きることに勘違いもつきものだ。
勘違いを脱却できる人はすればいい。
できない人を説得するつもりはない。

ただはっきりきっぱりと言えることは

ならやはり、誰も自分を理解共感できないのだ!だとして、
現実はそういう風にできているのだ!だとして
一生孤独なのだ!だとして

幸せに生きていこうと思わんのか?ということだな。

それが現実なのか、勘違いなのかは
まぁわかりにくいということもあるので置いといて、

オマエどう幸せに、うまく生きてんねん?ってことやろ!?

自分が生きるのへたくそなこと、
へたくそを改善しようとしないことを

人が認めてくれない、わかってくれない、愛してくれないせいにしてるだけやろ。

は?そんなもん誰もオマエのことなんかわかってくれへんわ!
やとしたら誰でもそうじゃ!!
仮に自分だけ不幸にもだれも理解共感してくれないとして
んで?
だから?
自分なりの生き方見つけてパリッと生きていかんかい!
ってことやろ?

このへたくそがっ!!ってことやろ!!

人が自分を認知してくれないことを嘆いてるヒマがあったら
人が自分を承認してくれないことを正当化の理由にしてるヒマがあったら
そんなことしてる間に
生き方改めろってハナシな。

あ、書いてて思ったんだが
最近では周囲にそういう人がほとんどいない。
そしてそういう人が出てきても
オレは思いやりがないのでそれは言ってやらない。

なんでこれ書いたんだっけ?
あ、そうだ。
オンナがオトコにダマされるときってどうなってるんだ?
(逆も同じ)

と思って書いたのだった。

「今まで君は周りに君のことをよく分かってくれる人がいなかっただけなんだよ。君はこんな人だ。そして僕はもっともっと君のことを深く知っていきたい。もっと聞かせて。もうひとりじゃないんだよ」

「ゲロ吐きそうフレーズ」を言われて
コロっとイってまう@4オンナは結構いる。
ついでに言うとオトコも同じぐらいいる。

ついに王子様キタかコレ!?
掃除をするシンデレラはもう卒業よ~みたいな。

そして少なからず、自分からそのワナにダイブしたい人がいることも
まぁ周囲にいなくてもブログやFBで見かけるとげんなりするんだわな。。。

ちなみにオレの場合。
かなり君のことを理解も共感もすることができると思いますが
決して認めへんから。1ミリたりとも。
オレが認めるのは自分で生きてる人だけだ。

そしてそういう人はオレが認めることを毛筋ほども気にしてないねん。
それが対等な関係ってことですかね?

久々にちょっと硬派なコラムか?

【なんか響いた人はこれ見るといいかもね】
他力本願寺セミナー
強みの心理学セミナー

トップに戻るボタン