自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「遅れ」を支配する(「おくれ」をしはいする)

まずは行動の「遅れ」・・・つまりは自分の打ち出す成果や事実をよく知って、その事実をものさしとして、どのようなことに取り組むのか取り組まないのかを決めていくことです。通常は人よりも「遅れ」が短いものが得意分野。長いものが不得意分野になります。得意に絞り込む必要はないのだけど、「遅れ」そのものを知っている、支配していることが自分をうまく運ぶための強力な武器になります。

前話: 「遅れ」を知る(「おくれ」をしる)

次話: 遅れの認知だけがビジョンを作る(おくれのにんちだけがびじょんをつくる)