自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「遅れ」を知るためにまずできること(「おくれ」をしるためにまずできること)


いつもこのことで怒っているとか、いつもこのことがうまく進まないとか、いつも問題を抱えていることに対して自分が期待していることと、物事が本当に動くことのギャップの差を観察で知っていくようにします。読み違えている、という前提で物事を観察するだけで、誤差を埋めるだけで物事がうまく回りはじめることがたくさんあります。