自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

「遅れ」を観察するとき(「おくれ」をかんさつするとき)

何事も焦らず大きく構えるのがコツ。最もゆっくりなペースで観察することで実際の「遅れ」がどのように進むのかがつかめるし、実態がわかれば、その「遅れ」を受け入れるのか。リスクとして省くのかの適切な判断ができるようになります。

前話: 「遅れ」を知るためにまずできること(「おくれ」をしるためにまずできること)

次話: 行動の「遅れ」(こうどうの「おくれ」)