自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【ドラッカー語録043】過去への奉仕を減らす

おはようございます
元・獣医でコンサルタント☆坪内亜矢子  です

昨日行った意思決定の後始末のために、
今日、時間とエネルギーと頭を使わなければならない。
この種の仕事が時間の半分を占める。 
それらのうち、成果を期待できなくなったものを捨てることによって、
過去への奉仕を減らしていかなければならない。

―『経営者の条件』―

一夜明けたら 昨日は もう過去。
状況は常に動いている・・・リアルタイムで再度 成果を期待できないものを捨てることが必要
 
確かに 経営者が止めなければ、部下は昨日の決定に従って仕事を進めますよね 
例え 状況が変わって成果が見込め無そうでも・・・それが従業員の仕事ですもの。

いってらっしゃい (‘-^*)/

あやこにゃん拝

前話: 【ドラッカー語録042】優先順位決定のための4つの原則

次話: 【ドラッカー語録044】危険なもの

トップに戻るボタン