自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【ドラッカー語録059】最終責任は誰がとる?

おはようございます
元・獣医でコンサルタント☆坪内亜矢子  です

トップたる者は、最終責任が自らにあることを知らなければならない。
最終責任は、誰とも分担できず、誰にも委譲できない。
トップが権威をもちうるのは、自らのニーズと機会ではなく、
組織のニーズと機会を考えるからである。
                                    ―「経営者の条件」―
トップがこのことをわかっているか は重要ですね。
これがわかっていて、実践できるトップには人がついてゆくでしょうから 

今日も 楽しくすごしましょう (^o^)/
あやこにゃん

前話: 【ドラッカー語録058】仕事におけるよい人間関係の定義

次話: 【ドラッカー語録060】成果をあげる唯一の方法

トップに戻るボタン