自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【ドラッカー語録079】優れた者ほど・・・目からウロコでした!


おはようございます
元・獣医でコンサルタント☆坪内亜矢子  です

優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。
一度も間違いをしたことのない者、それも大きな間違いをしたことのない者に
トップレベルの仕事を任せてはならない。間違いをしたことのない者は凡庸である。

       ―『現代の経営』―

優れた者は 間違いが少ないのだと思い込んでました
なるほど確かにね・・・新しいコトにチャレンジしてたら 確率として 失敗や間違いは増えますね
目からウロコが落ちました

今日も すこやかな 1日を (‘-^*)/   
あやこにゃん

トップに戻るボタン