自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【フェイスブックコラム集】ブランドへの思い込み


ブランドへの思い込み

高級車ってあるわな。フェラーリ、ポルシェ、ベントレー。
まぁどれでもいいんだけど、
最初その会社を立ち上げ車を作った人は何かの想いを持っていた。

色々な幸運やら何やらで、世界にブランドとして広まったわけだが、
上の3社だけでもいいけど、創業メンバーの思い通りに車が発展し、
人に影響を与え、お客が買ってくれるようになったと思うか?

 
思うんだとしたら相当おめでたい。
死後も、もとい生前も、思い、願った通りに
車とメーカーとお客をコントロールできた!と…
んなわけあるか!

今フェラーリは日本では高級車の代名詞となり、
金持ちが自己顕示欲を示すために手に入れるステータスになっている。
ポルシェはその2ランクぐらい下の車ポジションを取っている。
最初フェラーリを興したものどもは、
やっぱ海外でアホが自己顕示欲示してくれる車になってほしいよねー
…とか思ったわけないだろ。

つまり、ブランドは提供側の思い通りに運ぶことは決してできない。
同じ理由で自己プロデュースも思い通りにはならない。
ブランドイメージはブランドの促進しかできないので、
マーケティングでブランドを誘導することはできない。

プロデュースでできることは受け身しかない。
思い通りにするなど傲慢なバカの考えそうなことだ。
受け身の中からより好ましい反応を伸ばすことはできる。
だがそれさえも、それを受ける人々が感応しなければ
消え去るかしょぼいまま発展しない。

ブランドを決めることはできない。
決まることを受け入れ、どのように進めるか?を方向付けするしかない。
それがうまく行けばいいが、うまくいかない時は別の受け身によって、
別の促進をしなければならない。

【関連記事】
4年内世界を受け身で作れるか 中期自己プロ前編
受け身先行のプロデュース世界 中期自己プロ後編

感情をないことにするのは二次。
感情をないことにして自分は平気路線で自分を働かせようとする。
だから幸せ系を諦めて成功系に行くのも二次。
成功系を諦め幸せ系に行くのも二次。

感情をコントロールして思うままに扱えるようにするのは逆次。
感情を否定も諦めもしない。
だがその感情のままに振る舞える世界を否定し諦めている。
だからコントロールする。
うまく扱えるようになればなるほど、逆次度は増す。

二次は自分にウソをついているので、直感で心の声がわかる。
逆次は自分の心からウソなので、直感で本当の声はわからない。
わかるのは違和感だけだ。
(ヘタな逆次は別)

トップに戻るボタン