自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【フェイスブックコラム集】愛はそこらへんに転がっている

愛愛言うやつほど全然愛のことわかってないし、
自分の理想を人に押し付けるわな。
本質的に「愛」って一体何なのか?
本当に大事なことなのであれば何年も何十年もかけて知り、取り組めよ。
いざという時の軽い愛をもっともらしく言われることにものすごい嫌悪感を覚えるわ。

ちなみに逆次は愛について話すことが多く、
しかし自分が愛されることを根本から諦めており、
二次はここぞという時に無理解な愛を語り、
だが自分が愛することは根本から諦めている。

愛をごもっともに受け取りたい幻想が蔓延してるから、
そのじょうほうびょうにやられる。
愛はそこらへんに転がっている、簡単すぎることだ。
が、その積み重ねと一致は簡単ではない。
あとは数十年かけて本質を知ってほしいものだな。

http://ameblo.jp/ym11/entry-11948200314.html

逆次は、自分の一次も逆次に使う。
一次だ!と正当化に使える逆次。
見分けるのは至難のワザ。

二次はブロックに翻弄される人生。
逆次はブロックを全否定する人生。

一次はブロックが中心に来ない人生。

【子育てについて】

セックスは誰でもできる。
子供を産むということも多くの人ができている。
下手でも自分なりの子育てもほとんどの人ができる。

ほとんどの人ができていないのは、子供を1人の人間として尊重し、
尊重するからこそ、自分も他人も尊厳が守られなければならないとすることだ。

ほとんどの場合で、
産んだことの凄さや苦しみ、
子育ては大変だけど頑張ったし、自分には自分のやり方がある、
というような【自分勝手】が子供と関わる基準になっている。

子供を1人の人間として尊重し、しかし
子供も親もその他の人も、尊厳を守ることを基準にしていないのなら、
どの子育ても失敗だし、うまくいっていると思えるのなら運が良かったということか、
子供がよっぽどできた人間かのどちらかだ。

子供を育てる話をしているのではない。子供を育てるあんたの話をしている。

前話: 【人気再アップ】コラムを書いて伝えるということ

次話: 根拠は解明されていないのに、

トップに戻るボタン