自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【ラブポジコラム】02:プロローグ〜まつ語り後編


松原ブログの読者の皆様、おはようございます 
月・木の朝8時に【ラブポジ理論】コラムを連載させてもらっている
絶賛育休中のフォトグラファー&セミナー講師のkikka  です。
前回の【まつ語り】前編に引き続き、2回目の今回は後編です!

会社員のかたわらセカンドで写真セミナー講師を始めて数ヶ月後、  
開催したセミナーにひょっこり参加してくれた一人の青年 
初対面のその日は特に何もなく 
が、その数日後に二人でご飯を食べに行くことになり 
あっさり半月後に付き合うことになり 
数ヶ月後には半同棲状態になり 
そうこうしているうちに結婚することが前提になり 
付き合い始めてちょうど一年の記念日に入籍してしまいました 
そう、その青年とは、今の私の夫だったのです。
(先生が生徒に手を出したとか、いや生徒が先生に手を出したとか、もはやネタですな・笑)

それまでの恋愛と比較しても、本当にスムーズに事が運んだ理由。
それを【まつ語り】的に言いますと、

 個別コンサルでブロックを指摘され、その後ブロックが外れたから
 「どうせ私なんて○○だから~」「私なんて○○されるはずがない」
 といったねじ曲がった前提がなくなり、
 真っ直ぐに相手と向き合えるようになりました
 【ラブがたり】の連載を読んで男性心理を理解することができたから
 特に「矢印を向ける」という発想はものすごく明快で納得!!
 セカンドという場で出会ったので、素の自分を出しやすかったから
 一番自分を出せているシーンを知ってくれている、
 というのはオープンマインドになりやすい=信頼が生まれやすい!!

といった辺りが、とても影響したように思います。
この頃まだ【ラブポジ理論】は存在していませんでしたが、
振り返ってみるとこの理論に出てくる
【ラブ資産の循環】をしっかり体現出来ていたのです 
 
しかも、変化したのはラブだけに留まりませんでした!! 
夫との出会い後、
セカンドである写真セミナー講師業は更に順調に回り始め
土日を使って地方出張などもするようになり、
会社を辞めることを視野に入れるように。
既に起業していた夫に背中を押してもらえたことも大きく、
入籍するより先に、2010年7月末に5年3ヶ月勤めた会社を退職 
(表向き「寿退社」ってことにしたら、今時?!と散々驚かれました・笑)
 
退職と前後して松原さんの強み発掘コース自己プロデュースコースを受け、
それまで会社員だからと頑に拒否していた「顔出し」も解禁。
プロフィール写真撮影などの撮影業務でフォトグラファー業を拡大。


自己プロデュースコース大阪第一期の皆様
確かこの写真が初めての顔出しだったような気がする・・・

更にその一年後にはビジネスコース大阪第一期を受講し、
そこで「講師業をもっと増やせ! 」という指令が出て
中心軸や4つのポジショニング、ラブ資産など
写真関連でないセミナーの講師業を開始。
これも自分の知覚を大きく拡げるきっかけとなりました。
勿論売り上げもUP しましたよ!

その後も時々松原さんにアドバイスをもらいながら、
(コースの再受講制度を最大限活用されるのがおススメ!)
震災復興支援でポストカードセットを制作・販売したり、
それまで都内だけで活動していた
ホメオパスaikoちゃんを始めて大阪に招致したり、
【ラブポジ理論】を構築したり、
フランスのアートイベントに写真を出展したり、
大阪で初めての個展を開催したり、
理事として一般社団法人の設立・スクール運営に携わったり
自分が活かせる範囲ってものを、
少しずつ色んな場面で試しながら今に至ります。
何を仕事にするか、に注目するのではなく
自分というリソースをどう使えば仕事になるか。
 

こんな考え方を松原さんが徹底的に叩き込んでくれたお陰で
どこに住んで何をしていても、 きっと仕事はなんとかなるだろう、
という自己信頼が生まれました。
 
プライベートでは昨年の年始に、
夫の仕事の都合で横浜に引っ越し、その直後に妊娠が発覚 
昨年9月に無事に娘を出産し、育児に奮闘しながら
今後の働き方をぼちぼち模索している今日この頃です。
 

こうして振り返ってみると、
自分の資質や自分を活かす場を知りセカンドを始め、
最愛のパートナーと出会い結婚し、
その後も臨機応変に働きながら幸せな日々を過ごせている・・・
そんな私の人生のターニングポイントには
松原さんの存在があることが多かったなぁと思います  
 
見た目が怖いとか、
厳しい口調で攻められるとか、
言動が超個性的とか、
まーまー色んな噂(噂じゃなくて事実)がある松原さんですが
誰よりも、
周りに合わせて自分を殺したり、
自分の可能性を狭めたり、
自分で自分の尊厳を踏みにじったり、

そういうことを決して許さず
自分以上に自分のことを真剣に考えて、向き合ってくれる人です。
(最近はそういうモードに入ったときだけ、みたいですが・笑)
それが時に厳しく感じられるのは、ある意味当然のことなのかもしれません。

・・・という感じで、
長々と【まつ語り】に絡めて自己紹介を書かせていただきました 

こんな私kikka  が次回よりお送りする【ラブポジ理論】
私自身、出産育児でライフステージが変わり
パートナーシップも新たな局面を迎えましたが
自分で構築したこの理論にも助けられ、
お陰さまで益々仲良く支え合って過ごせております 

知っているととっても役に立ちますので、
私のリアルな実体験も交えつつ、
わかりやすーーくお届けしたいと思います。
どうぞ次回を楽しみにしていてくださいね!!

【おまけ】

(左:松原さん 右:私)
2011年の写真。
二人とも黒髪ストレートロングで、シルエットがよく似ていたそうな。笑

トップに戻るボタン