自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

【人気再アップ】プロモーションの極意


確実にナンバーワンが取れるとわかっている世界では
逆説的にその世界でのモロモーションは成功する。

その世界が小さければ「一般的平均的」には成功しない。
その世界が大きければ有名人になる。

プロモーションの技術は、大きめの世界で
なんとか上位に食い込む効率的な方法を教える。
だが決してナンバーワンにはなれない。
他の何事もそうであるように、技術から入ると失敗する。

常に一番を考える。自分が一番であれる物事を考える。
プロモーションを考えない。

一番になってしまうことが何か?を掘り返す。

存在系の強みを探る
確信を使う
その上で行動でナンバーワンになることを探る。
行動(の成果)からナンバーワンを探ると後々苦労する。

ナンバーワン癖をつけていくと
はじめに、脳の使い方と視点がナンバーワンを得る方向に向く。

その方向に向くので何度かに一度ナンバーワンになりやすくなる。

何度かに一度なる中で、また何度かに一度
プロモーションがうまくヒットして知名度が高まる。

知名度が数度高まると
「なんだか知らないけどあの人はいろいろな意味で凄い」
という認識が生まれてくる。

これがプロモーションからプロデュースを作るやり方になる。
プロデュースというのは、認知と信頼性の両立なので
この方法は認知から信頼も確保する方法になる。

トップに戻るボタン